10万円以下のBTOパソコン

動画視聴や軽いオンラインゲームにおすすめ!

いきなりですが、3Dオンラインゲームなら10万円以上のBTOパソコンをおすすめします。なぜなら人気の最新世代パーツを搭載したパソコンは11万円以上するからです。では10万円以下にはどんなパーツが搭載されているのでしょうか。

 

まずグラフィックボードが決定的に違います。10万円以下になると最新世代は搭載されていません。今はGTX700シリーズが主流です。でも前の世代のミドルスペックであるGTX660が使われています。

 

GTX660とGTX760を比較するとGTX760のほうは1.5倍くらい高性能です。また、CPUもCore i7ではなくCore i5が選ばれています。HDDの容量もかなり少なめです。だから最新の3Dオンラインゲームには不向きです。

 

2Dオンラインゲームならいける!

でも10万円以下のBTOパソコンしか買えない方もいるでしょう。この構成でオンラインゲームがまったくプレイできないかといえば、そんなことはありません。軽いゲームなら問題なくプレイできます。

 

例えば、2Dオンラインゲームなら大丈夫です。3Dゲームでもドラクエ10くらい軽いものなら設定を落とせば動かせます。それでも今後のことを考えると最新世代を選んでおいたほうがいいですから、15万円以下のBTOパソコンをおすすめします。

 

BTOメーカー別に比較

それではBTOメーカーで販売されている10万円以下のデスクトップとノートパソコンをご紹介します。一番コスパが良いのはドスパラのデスクトップとG-Tuneのノートパソコンでした。

 

ドスパラ 「ガレリア DX」
ガレリア DX OS Windows7/8.1 64bit
CPU Core i5-4570
メモリ 8GB
グラフィックボード GeForce GTX660 (2GB)
ストレージ 500GB HDD

 

ガレリア DXの詳細はこちら

 

G-Tune 「NEXTGEAR-NOTE i420BA1」
NEXTGEAR-NOTE i420BA1 OS Windows8.1 64bit
CPU Core i3-4000M
メモリ 4GB
グラフィックボード GeForce GTX860M (2GB)
ストレージ 320GB HDD

 

NEXTGEAR-NOTE i420BA1の詳細はこちら

 

デスクトップは色々探しましたが、最高スペックでコスパが良いのはガレリアDXでした。やはりグラフィックボードはGTX660なんですね。でもノートパソコンのG-TuneのNEXTGEAR-NOTE i420BA1はすごいです。

 

CPUもグラフィックボードも最新世代を搭載しています。充分、現状のミドルスペックですね。このパーツ構成で10万円以下は激安です。格安のBTOノートパソコンが欲しい方におすすめです。