15万円以下のBTOパソコン

人気ランキングを独占!

BTOメーカーのサイトを見ると大量にパソコンが紹介されていて、どれを選べばいいのか迷ってしまうことがあります。そんな時には売れ筋ランキングを見ましょう。どんなBTOパソコンが人気なのかチェックするのです。

 

すると不思議なことがわかります。どのBTOメーカーのランキングも15万円以下のモデルばかりです。もちろん15万円以上のパソコンだって売れます。でも圧倒的に人気なのは10?15万円の価格帯なのです。

 

なぜ15万円以下が人気なの?

人気の秘密は簡単です。高性能なのにお手頃価格だからです。つまりコスパ最強なのです。一般的にゲームPCを買おうと思ったら、予算は10?15万円に設定します。その予算の中で自分の目的にぴったりのデスクトップやノートPCを選びます。

 

だから自然と10?15万円がたくさん売れますよね。するとBTOメーカーはミドルスペックのパーツを大量に仕入れます。大量に仕入れれば、コストを安く抑えられます。結果として、性能の割に安いパソコンを販売できるのです。

 

優先すべきはグラフィックボード

売れ筋ランキング1位は、CPUがCore i7-4770、メモリ8GB、グラボがGeForce GTX760の構成です。これで11万円です。ただ、3D MMORPGやFPSではスペックが足りない可能性があります。

 

そこでスペックアップを考えます。まず、グラフィックボードが最優先です。GTX770に変更するだけで劇的に高性能になります。次にメモリを増やそうとする人が多いですが、実はSSDを追加したほうが高速になるんです。

 

BTOメーカー別に比較

それではBTOメーカーで販売されている15万円以下のゲームPCをチェックしてみましょう。私がコスパ最強と判断したものを厳選してご紹介します。

 

ドスパラ 「ガレリア XF-M」
ガレリア XF-M OS Windows7/8.1 64bit
CPU Core i7-4770
メモリ 8GB
グラフィックボード GeForce GTX770 (2GB)
ストレージ 2TB HDD

 

ガレリア XF-Mの詳細はこちら

 

G-Tune 「NEXTGEAR-NOTE i990BA1」
NEXTGEAR-NOTE i990BA1 OS Windows7/8.1 64bit
CPU Core i7-4710MQ
メモリ 8GB
グラフィックボード GeForce GTX870M (6GB)
ストレージ 500GB HDD

 

NEXTGEAR-NOTE i990BA1の詳細はこちら

 

予算が15万円ならこの2台でしょう。たくさんのBTOメーカーのモデルを比較しましたが、厳選するとこのデスクトップのノートパソコンが残りました。GTX770とGTX870Mの高性能グラフィックボードを搭載しても15万円を越えないのはスゴイですね。

 

ただ、SSDを追加すると16万円くらいになってしまいます。しかしそれでも私はSSD追加をおすすめします。私はずっとHDDを使っていたのですが、今はSSD搭載モデルを使っています。Windowsやゲームの起動の早さに感動して、もうHDDに戻れない体になっています。だから予算に余裕があるなら、是非SSDを追加してください。