BTOパソコンのおすすめカスタマイズ

ほぼ全員がカスタマイズしています!

以前、BTOショップの方に話を聞きました。「BTOパソコンを買う人でカスタマイズする割合はどれくらいですか?」と。BTOパソコンの最大のメリットはカスタマイズです。自分の好きなパーツを組み込めるのは本当にありがたいです。

 

さて、ショップ店員の回答は「ほぼ全員がカスタマイズします」でした。なるほど!やはりBTOパソコンを選ぶ人はみんなカスタマイズの重要性に気付いているんですね。デフォルトよりもさらに自分好みにパワーアップしたいわけです。

 

どんなカスタマイズをすればいいの?

続けて「どんなカスタマイズをする人が多いですか?」と質問してみました。この時点で私はメモリ増量だろうと予想していました。メモリを倍増すればなんとなく高性能になるような気がしますからね。

 

しかし答えは違いました。「SSDが圧倒的多数です。」

 

そうだったのです。メモリ増量でもHDD増設でもなかったのです。SSDを搭載して、SSDにOSをインストールするのが人気のカスタマイズだったのです。ショップ店員さんもSSDの追加を強くおすすめしていました。

 

SSDをおすすめする理由とは?

確かにBTOパソコンを見ていると、初めからSSDが搭載されているデスクトップやノートパソコンは少数です。ほとんどはHDDだけです。でも問題はSSDを搭載する価値があるかどうかです。

 

そこで、ショップ店員さんに実演してもらいました。片方はHDDしか搭載していないデスクトップ。もう片方はSSDを搭載したデスクトップ。他のパーツは一緒なのに、起動時間が10秒以上違ったのです!

 

衝撃的な結果です。SSDが高速だと聞いていましたが、まさかここまでとは・・・。もちろんWindowsの起動だけではありません。オンラインゲームの起動やファイルの移動、ブラウザの立ち上げ速度などすべてが圧倒的に速くなるのです。

 

結論!とりあえずSSDは絶対に搭載しておこう!

メモリ増設もいいでしょう。ブルーレイ搭載もいいでしょう。でもBTOパソコンを買うなら、まず最初にSSD追加のカスタマイズを意識してください。SSDがあるのとないのとではパソコンの性能に大きな差が出てしまいます。

 

おすすめはSSDにWindowsとブラウザとオンラインゲームだけをインストールして、他のソフトウェアやデータはHDDに保存しておくことです。ただ、120GBだとさすがに足りなくなりますから、240GBが価格も手頃でおすすめです。

 

SSDの価格を比較してみたところ、ドスパラが一番安かったです。やはりドスパラのパソコンは安くてコスパが良いですね。

 

ドスパラ公式サイトはこちら